25歳から株

高卒サラリーマンが20万円から始める株式投資ブログ

  •  
  • 村

改めて保有株式を分析してみた その1

   

↓↓応援クリックお願いします!↓↓

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


 

こんばんは、Toshiです。

 

今日は久しぶりにマクドナルドにいきました。

食品問題が報道されてから行っていなかったので、5年ぶりくらいです。

もともと好きじゃなかったからか、やっぱり、あんまりでしたね・・・。

個人的には、フレッシュネスバーガーが好きですが、あなたはどうでしょうか。

 

さて本題です

 

株価が割高か割安かを簡単に判別できるツール

 

私のような投資家は、どちらかというとチャートよりも業績などを重視した銘柄選択を行うと思います。

業績や割安度を重視する、いわゆる「バリュー投資家」に分類されるのかなと思いますが、そのような人たちにとって

会社四季報や、ニュースサイト、会社のHPでIR情報を見るというのはかなりの手間です。

 

先日購入した本に記載されていたのが、ある証券会社のツールなのですが、そのツールでは、

銘柄コードを入力し検索すれば、その会社の本来あるべき株価、理論株価を視覚的に調べることができる

非常に優れたツールだと紹介されていました。
GMOクリック証券

私は 初心者投資家 ですのでそういったツールがあるなら是非とも使用したいという事で!!

 

証券口座を新しく開設しました♪

 

そのツールを使って現在の保有銘柄を分析してみた結果が以下の通りです。

 

 

 

6071 IBJ ですが

 

IBJ1

 

なんと私の大好きなIBJが割高と診断されました!

 

しかも197%だと??そんなはずはない!!

そんなはずはないのですが・・・。

なぜこんなにも株主価値が低いのでしょうか。

 

 

IBJ2

 

バリューチェーン分析など多彩な分析ができるようですね。

IBJは婚活をメインとした業種だからなのか、生産の項目が空になっています。

 

 

 

 

次に 3776 ブロードバンドタワーですが

 

BBT1

 

ブロードバンドタワーについては、30%の割安と出ました。

この会社は、IoT関連銘柄でもあるので、何かのきっかけで爆発してくれるのではないかという淡い期待を持ちつつ、保有している銘柄ですが、

割安ということであれば、もう少しの期間保有していてもいいかなと思わされますね。

最近も新しいサービスの開発のIRが出たのですが、ほとんど株価が上昇せず。

この会社が何をやっている会社なのかがあまり理解されていないんでしょうか。(私もほぼ理解できていません。)

 

 

 

 

最後に3669 モバイルクリエイトですが、

 

モバクリ1

 

こちらは51%の割高となっていますね。

モバクリはドローン関連銘柄で、先日は石井工作研究所をTOBしましたが、私は477円で購入しているので、現状の432円では

売却することができていません・・・・。

 

しかし気になるコメントがありました。

モバクリ4

 

「そろそろ投資の成果が表れ、大きく稼げるようになるかもしれません」とのコメント!!

期待させてくれるコメントですね・・。

 

モバイルクリエイトは将来性があると思って購入している銘柄なので、このコメントには納得です。

去年のニュースでもこんな記事があります。

 移動体通信のモバイルクリエイト(大分市)は18日、高性能の小型無人機ドローンを開発販売する子会社を設立したと発表した。機体の設計販売を手掛けるベンチャー企業「K―STAGE」(同市)と共同出資。モバイルの情報通信技術を生かし、広範囲にわたる農作業や人が近寄れない場所の監視業務など、ニーズに応じて特注で開発する。機体の安全性や能力を検査する事業にも乗り出す。
新会社の名称は「ciDrone(シーアイドローン)」(同市)。K―STAGE創業者で、特殊ニーズ向けドローン開発に先駆けて取り組み、既に多くの実績を持つ山田潔文氏が社長を務める。
特殊な機能を備えた機体のニーズは高く、モバイルの衛星利用測位システム(GPS)やプログラミング技術を活用。広範囲の種まきや農薬散布、河川や堤防の監視・管理を自動でしたり、福島第1原発事故で人が近寄れない場所の放射線量の測定、建物への不法侵入者の監視などを想定している。
量産化の際は、モバイルが出資した半導体製造装置メーカー石井工作研究所(同市)の技術も生かすという。
ドローンをめぐっては各地で落下事故が起き、安全面への懸念が出ている。そこで、性能を多角的にチェックできるセンサーとプログラムを開発し、機体の飛行能力や制御プログラムを検査する事業も行う。
関係者3人が県庁を訪れ、広瀬勝貞知事に会社設立を報告。山田社長は「まだ世の中にない新技術を大分から発信したい」、モバイルクリエイトの村井雄司社長は「株式上場を視野に、世界的に成長していける企業を目指す」と話した。

こんなニュースが出ていて、しかもストーリ―に沿って石井工作研究所をTOB、

これはもうドローン銘柄として爆発寸前なんじゃないんでしょうか。

このニュースがでたあとも株価は騰がるどころか下がっていますし・・・。

ひとつドローン関連のIRが出れば株価は暴騰する気がしますね。

 

 

 

こんな感じで私は新しいツールを手に入れることができました!

 

まだ使い方は理解しきれていませんが、銘柄選択の際にうまく使っていきたいと思います。

 

 

ではまた。

 






↓↓応援クリックお願いします!↓↓

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


 - 株式投資